9月5日(土)「医療クラーク」体験講座が行われました

きらら職業体験実習 2020年度第3回は「医療事務」です。
IVY大分医療総合専門学校より学科長の小田原先生をお迎えし「医療クラーク」の体験をしました。
「医療クラーク」とは、医療事務業務を医師の指示のもとで補助する専門職のことで、正式には「医師事務作業補助者」といいます。医療ソフト「ORCA」・「DDTOP」を使用し、新患受付登録や電子カルテ作成、医療費の計算など、実際に病院で行われている医療事務の仕事を体験しました。日常誰もが接することのある病院です。これから病院に行ったときの病院スタッフの仕事の様子に興味が持てるのではないでしょうか。IVYは、開校から36年の歴史があり、県下医療機関との厚い信頼関係を築き、医療事務では毎年安定した高い就職率を誇っています。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*