7月17日(土)特別活動(第2回) 職業体験実習が行われました!

特別活動は、高等教育の体験授業(IVY大分高度コンピュータ専門学校 佐藤剛志先生招聘)です。
モノ作りには欠かせなくなった、3次元モデル作成用ソフト(3D-CAD)を使い、機関車の各部品の作成とそれぞれの部品を画面の中で一つに組み立てて完成させるところまでを学びました。まずは、多面的に見える部品を回転させながら、凸凹を確認し、また正確に線を引いたり、数値を使って簡単に作図したりと「形から先」に作ります。また、材質を選ぶことによって、質感や重量などが瞬時に判るなど、イメージが分かり易くなっています。最終的に設計図はと言いますと、「製図は後」に必要な寸法を表示し、印刷すると出来上がりとなります。操作も基本を繰り返すことで、初心者の生徒も手応えがあったようです。モノづくりの楽しさが伝わってきました。